フォーセットで貰える仮想通貨を一箇所に集められるウォレット型サイト「FaucetHub」

※お知らせ(重要)

FaucetHubは2019年12月10日をもって、Bitcoin以外の全ての通貨の取り扱いを終了し、新しいサービスに移行するようです。

これに伴い、12月10日に出金(引出し)要請を止める事と、それまでに全てのアルトコインを引き出すように要請がでています。詳しくは以下をご覧ください。

FaucetHub.io – The end of the faucet industry as we know it.


前回に続いてフォーセットサイトの紹介ですが、今回から海外のフォーセットサイトを紹介しようと思います。

まずは下準備として、FaucetHubを紹介します。

※どのサイトもそうですが、ボタンをクリックしたり、Captchaで画像をクリックする時でも別ウインドウやタブが開き広告が表示されることがあります。
ウザいことこの上ないですが、これはもう日常茶飯事なので慌てず騒がずさっさと閉じてください。
中にはウィルス(と思われる)ファイルをダウンロードさせようとするところもあるので、無料のでも良いのでアンチウィルスソフトを事前にインストールする等の対策をしておくことをおすすめします。また自己責任でお願いします。

FaucetHubとは

FaucetHubとは、分かりやすく言えば「サイト型のウォレット」で、FaucetHubと連携している多数のFaucetサイトで取得した仮想通貨は、基本的に自動でFaucetHubに振り込まれます。つまり色々なサイトで貰った仮想通貨をひとまとめにできます。

FaucetHub対応サイトからの振り込みは、基本的に最低取引額もなく手数料無料です。
※たまにそれらが必要なところもあります。

対応していないサイトでもFaucetHubがウォレットアドレスを発行できるので、必要とあればひとまとめにすることも可能(ただし手数料や最低振込額が必要になるので、あまりおすすめではありません)。

扱っている通貨は現在16種類。Bitcoin、Ethereumはもちろん比較的マイナーなコインも扱っています。

また他にマイニングやゲームなどありますが、ここでは割愛します。

登録

メールアドレスとパスワード、Bitcoin(BTC)のウォレットアドレスを用意します。

ウォレットアドレスを持っていない場合はその下のリンクからbitcoin.orgに登録されているウォレットを探せますし、その他パソコン用やスマートフォン用ウォレット(EXODUSなど)を自前で用意するのも手っ取り早く簡単です。
(現金化するには最終的にGMOコインなど取引所のアカウントが必要になりますが、いずれ作る感覚でも問題ないです)

ユーザーネーム、Eメール、Bitcoinウォレットのアドレス、パスワードを記入し、利用規約了承のところにチェックを入れ、最後にCaptchaに入力、認証されれば登録完了です。

またスマートフォンの二段階認証でセキュリティを高める事もできます。
ログイン後、USER>USER Dashboard>Securityタブから行えます。

次に、Bitcoin以外の通貨をもらいたい場合はその通貨専用のウォレットアドレスを登録しましょう。

ログイン後、右上の「USER」から「USER Dashboard」を選択後、「Wallet Address」タブを開くと登録できます。

2019年8月現在、登録できる通貨は:

  • Bitcoin
  • Ethereum
  • HORA Token
  • TRON
  • Monero
  • Litecoin
  • Dogecoin
  • Bitcoin Cash
  • ZCash
  • DigiByte
  • BitCore
  • Blackcoin
  • Dash
  • Peercoin
  • Primecoin
  • Potcoin

となっています。

1通貨ごとに複数のアドレスを登録でき、また引き出す際には登録したアドレスの中から選択することになります。

また、実際にFaucetを行うサイトとはFaucetHubに登録されているウォレットアドレスで紐付けされるので、同じアドレスで各サイトに登録/ログインしてください。

引出し/手数料

通貨が一定額まで達したら引出しが可能になります。引出しの最低額と引出し手数料が設定されており、引出し額が多くなれば手数料も安くなる段階式です。
それぞれの通貨の引出し額および手数料はこちら(最低引出額とその時の手数料のみ)。

 

  • Bitcoin
0.00020000 BTC / 0.00000400 BTC
  • Ethereum
0.01000000 ETH / 0.00100000 ETH
  • HORA Token
50.00000000 HORA / 0.50000000 HORA
  • TRON
50.00000000 TRX / 0.50000000 TRX
  • Monero
0.01000000 XMR / 0.00050000 XMR
  • Litecoin
0.01000000 LTC / 0.00080000 LTC
  • Dogecoin
100.00000000 DOGE / 0.05000000 DOGE
  • Bitcoin Cash
0.00020000 BCH / 0.00000400 BCH
  • ZCash
0.01000000 ZEC / 0.00080000 ZEC
  • DigiByte
1.00000000 DGB / 0.00800000 DGB
  • BitCore
0.01000000 BTX / 0.00080000 BTX
  • Blackcoin
2.00000000 BLK / 0.00800000 BLK
  • Dash
0.00100000 DASH / 0.00008000 DASH
  • Peercoin
5.00000000 PPC / 0.00800000 PPC
  • Primecoin
5.00000000 XPM / 0.00800000 XPM
  • Potcoin
1.00000000 POT / 0.00800000 POT

Faucetサイトを探す

さていよいよ実際にFaucetサイトを探します。
まず上の「SITE」カテゴリを開くと、「Faucets List」がずらっと出てきます。

見れば分かりますが、Faucet Hubに登録されているサイトは沢山あって困ってしまいますw。
目的の通貨を選んで、更にFaucetのタイプでフィルタリングしましょう。
少額でも確実に貰えるFaucetから、マシンパワーを要するマイニング、ギャンブルで一発稼ぐなど色々あります。

各項目でソート出来るので、運用年数と参加人数で決めるのが多分良いんじゃないかなと思います。

項目にある「Health」とは「通貨の貯蔵量」を示していて、緑なら問題ありませんが赤く「Empty」になっていたら、現在は貯蔵量ゼロで支払えない状態(やっても無駄)ということです。
(画像にある「Fire Faucet」は例外で、後払いに対応しています:))

やってみたいサイトを見つけたら、右側の「Visit」でそのサイトにアクセスできます。

※最初に書いたとおり、どこのサイトも基本的に広告が多いです。というのはFaucetサイトの性格上、広告収入が原資になっているところも多いので、ある程度は仕方ない部分もあります。えげつない事をやってくるところもあり(zipファイルを自動ダウンロードさせられる等)どこまで受け入れられるか、もポイントですね。

BitcoinとEthereumの、広告も少なめのオススメをピックアップ&解説したので、参考にしてみてください。

FaucetHubに登録されているもので長く運営されているサイトは、広告は多いかもしれないけど詐欺でもないという証明とも取れるので、一度やってみてもいいかなと思います。

あとは相性もあるので、ぜひ色々試してみてください。

PR
Leave a Reply