Coinpot対応のFaucetサイト- 「Moon系」

CoinpotのFaucetサイトは7つあるんですが、そのうち5つが「Moon系」と呼ばれているサイトです。

その名の通り、貰える通貨でサイトが別れています。
基本操作は同じなので、まとめて紹介しますね。

※どのサイトもそうですが、Claimしようとクリックした時に別ウインドウやタブが開き広告が表示されます。
Moon系も例にもれず、1回のClaimにつき1,2回リダイレクトすることは普通です。
ウザいことこの上ないですが、これはもう日常茶飯事なので慌てず騒がずさっさと閉じてください。
また自己責任でお願いします

サイト名 Moon Bitcoin, Moon Cash, Moon Dash, Moon Litecoin, Moon Dogecoin
FaucetHub対応 非対応、Coinpotに自動送金
取扱通貨 BTC, BCH, Dash, LTC, Doge
待ち時間 5分
回数リミット 無し
Faucet額 1Satoshi, 15Satoshi, 32Satoshi, 63Litoshi, 0.02Doge(時間により増える)

サインインとClaimの流れ

サインインは、Coinpotに登録されているメールアドレスを入力するだけです。

と、ここで気付きましたがWallet Addressでも良いんですね。。
しかし多分Coinpotの方が色々便利でお得だと思います。

Coinpotについてはこちら:

初めての場合は、通貨によりますが少し時間を置くとコインの額を示す「Current claim amount」がカウントアップします。その時点で「Claim Now」ボタンが表示されていればクリック、reCAPTCHAの承認画面が開くので、承認後「Submit」ボタンを押します。

サイトによって若干違いますが、大体こんな感じです。下の「claim now」ボタンが表示されていればクリック、Claim出来ます。

最初の画面に戻り、時間のカウントと通貨額が0に戻っているか、または「Faucet claim Successful」というダイアログが表示されれば成功です。
たまに失敗して「サイトをリフレッシュしてください」というダイアログが出るの事があるので、そのときはリロードして再度Claimしてください。

CoinpotをチェックするとClaim額が入金されているのを確認できます。前回のClaimから5分を過ぎれば、またClaim出来るようになります。

Claimの時間を過ぎても増えていく

Moon系の一番の特徴は、Claimできる間隔は5分ですが5分を過ぎても額が増えていくところです。

ただし増えていく時間が徐々に長くなるので、例えば5分で1Satoshi増えたとしても50分で10Satoshiにはならず、それよりも非常に少ない額になります。

不定期ですがチェックしたところ(この時間きっかりに増えたのではなく、その時にチェックしたときの額)、BTCでは35分時点で4Satoshi、60分時点で5Satoshi、2時間で6Satoshi、2時間40分で7Satoshi、3時間35分で8Satoshiになってました。。
その後10Satoshiになるまで待ってみたところ、5時間24分かかりました。。


10Satoshiなら1時間ごとのClaim2回分と同じなので、そのペースで5時間24分続けるなら27~8Satoshiくらいになってます。

このペースで遅れていくと、1日放置しても期待したほど貯まらないし、下記のCoinpot Tokensの絡み(1Claimごとに+3Satoshi前後相当)もあるので、Claimの回数を増やせば増やすほど1日1回の額との差は大幅に開いていきます。

とはいえ、他のサイトならClaimできる時間を過ぎたら増えることは無い(つまりClaim出来る時間〜Claimした時間までの間がロスになる)ので、Moon系はそのロスを若干取り戻せると思えば有り難いですね:)

生活パターンもありますからそれに合わせるのが一番だとは思いますが、頑張って5分毎というのも余裕が無い(BTCの場合0Satoshiもあり得る)ですし、15分〜1時間くらいならロスも少なくペースも取りやすいかも知れません。

各種ボーナス

Claimするとボーナスが付きます。その種類は「Daily Bonus」「Referral bonus」「Offer bonus」「Mystery bonus」の4つ。

Daily Bonusは1日に1回Claimすると1%ずつ増えていきます。連続100日で最大の100%に達します!
しかし1日以上(最後のClaimから24時間後ではなく日でカウント)Claimしないと0%に戻ってしまうので注意したいところ。

Referralは紹介で貰えるボーナス、Offerはサーベイや広告など、なにかしらアクションをすると貰えて、最後のMysteryはほんとにミステリーですw。
(「more info」をクリックすると詳細が見れます)

Claimで得た額にこれらのボーナスを加えた額がCoinpotに送金されます。

ClaimごとにCoinpot Tokenを貰える

Coinpotでのボーナスとして、1ClaimにつきCoinpot Tokenを3トークン貰えます。
これが侮れなくて、トークンとその他の交換レートはその時の価値で変動しますが、BTCの場合1BTC=100万円前後の交換レートで1トークン=約1Satoshiになります。
この記事を書いている時のレートは、1BTC=約77万円時)で、1トークン=1.38Satoshiです。つまりこの時のレートなら1回のClaimでClaim額に加え4.14Satoshi分貰えるんです。

1日に30Claimとして計算すると貰える額は90トークンになり、Moon系5つともClaimするなら450トークン=621Satoshi分が付いてくる計算になり、残り2つのサイトも入れると更に増えます。
(もちろん実際に交換する時にBTCに変動があれば貰える額も増減します)

というわけで適当にやってもそれなりに増えていくので、上記Claimの時間の延びをリセットするため、さらにDaily Bonusのノルマクリアのためにも、できるだけこまめにClaimしたほうが幸せになれます:)
(Bonus Bitcoinが15分ごとなのでそれに合わせてもいいし、自分の生活ペースに合わせてClaimすればいいと思います。分かりやすい様に12時間に1回やってれば確実にDaily Bonusの条件はクリアできますし)

注意

最初に書いたとおりFaucetサイトはリダイレクトの広告が多く、さらにClaimに失敗することもあります。面倒なreCAPTCHAをクリアしてClaimボタンを押した後に失敗したりリダイレクトでやり直しになるとけっこうストレスですよね。。。w

とりあえずの回避策は、Claim前に一回リロードすることと、リロード後に画面の何もない所をクリックして先にリダイレクトさせる、という方法があります。リダイレクトは2回の時もあるので、同じ動作をやってリダイレクトしなくなるまで繰り返します。

マウスポインタがリンク以外の所にあってもリンクをさすアイコンになっていれば、リダイレクトすることを示しているので、そういう細かいところでも確認できます。

また、リダイレクトした時に新しいウインドウでFaucetサイトを開きますが、たまに新しいウインドウが広告のときもあるので、ウインドウを閉じる前にチェックしましょう。

あ、あとMoon Bitcoinだけに起こるんですが、日本時間の午前3時台に強制的に別のサイトに転送され、Moon Bitcoinが表示されなくなることがあります。その時はそのウインドウを閉じて、新しいウインドウでMoon Bitcoinを開いてください。


以上、Moon系と呼ばれるFaucetサイトの紹介でした。ぜひお試しください。

PR
Leave a Reply